マルケス デ ラ コンコルディア リオハ サンティアゴ セカンド イヤー ワイン
12,05
歴史

リオハ サンティアゴは、ワイナリーの 150 年の歴史へのオマージュです。コンコルディアは、リオハの真正性と入手しやすさをこのワインにもたらし、より完全で熟成したワインを紹介された若いワインを飲む人のために作られました。モダンなリオハ スタイルで、熟成 2 年目でフルーティーな一次アロマが際立っています。

精緻化

ブドウは平均樹齢20年の厳選された畑から収穫されます。ワインの根は石灰質の粘土質土壌の奥深くまで伸びており、これによりゆっくりと成熟し、持続性と深みが生まれます。発酵は最高温度26℃のステンレスタンクで行います。その後、樽で12ヶ月熟成。リオハ・サンティアゴのワインは長期熟成に十分適していますが、すでに消費に最適な状態になっています。アメリカン オークの半新樽での熟成期間を短縮することで、主要なフルーティーなアロマがより際立ちます。タンニンの注入を減らすことで、より滑らかで飲みやすいワインになります。

ぶどう園は自動施肥の点滴灌漑をしています。オーストラリアを代表する醸造学者で、プランテーションでアドバイスを行ったリチャード・スマート氏が考案したスマート ダイソン ドライビング システムにより、何年にもわたって造られた並外れた品質のワインです。ミディアムトーストしたアリエのフレンチオーク樽で18ヶ月熟成。

ペアリング

鶏肉、焼き肉、豆類、パスタ、デヘサ チーズなどのソフト チーズ。

ソース: DO CA RIOJA
品種: 100%テンプラニーリョ
アルコール:  13.5% ボリューム。

CATAの注意事項

見る

ルビー色を帯びたチェリーレッド。

赤い果実、リコリス、バルサミコの香り。オークで熟成したバニラとココナッツの微妙なノートが伴います。

バランスのとれたよく溶け込んだ酸味、赤い果実の強烈な一次フレーバー、バルサミコとスパイシーなノート、柔らかなタンニン、そしてほのかなトーストのノート。

ダウンロード