マルケス デ ラ コンコルディア リオハ サンティアゴ セレクト ハーベスト ワイン
18,07
歴史

José Abascal (1743-1821) はパトロンとして傘のブランドと品質シール Marqués de la Concordia に彼の名前を付けました。アバスカルは、1812 年にスペイン国王フェルディナンド 7 世から、コンコルディア デ ペルー侯爵の高貴な称号を戴冠しました。副王としての役割で、彼は社会改革、知識の移転、クレオール人とスペイン人の間の協力を最善の形で促進しました。

精緻化

リオハ アルタとアラベサのサブゾーンにある平均樹齢 25 年以上の厳選されたブドウ園から  農園から最高のブドウを選び出し、完熟の最適な時期に手摘みで収穫し、完璧な状態の果実を選別した後、伝統的な生産方法を採用しています。 12kg入りの箱に手摘みで収穫。

 

ステンレスタンクで発酵。ミディアムトーストしたアリエとヌヴェールのフレンチオーク樽で18ヶ月熟成。  それは卓越した品質の年にのみ作られます

ペアリング

肉料理、ロースト、チーズとの相性が抜群で、ウズラのバーベキュー、ピザ トレイ、ペストを添えたパスタ料理とよく合います。

ソース: DO CA RIOJA
品種: 100%テンプラニーリョ
アルコール:  14% VOL.

CATAの注意事項

見る

覆われた、強烈でエレガントな赤。

 

バルサミコの香りと素晴らしいアロマの複雑さを伴う強烈なアロマ。 

口当たりはビロードのようで、バルサミコとスパイシーな余韻が長く続きます。

ダウンロード